スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[タレント]東原亜希、ひがしはら あき

● タレント、東原亜希さんの情報です。

東原亜希



東原亜希






● 本名:井上 亜希
● 生年月日:1982年11月11日
● 出生地:神奈川県横須賀市

● 身長:165 cm
● スリーサイズ:84 - 58 - 84 cm

● 所属事務所:プラチナムプロダクション
● キーワード:デスブログ

東原亜希






東原亜希オフィシャルサイト(東原亜希)  ※デスブログ、面白過ぎ(^^;
Google画像検索(東原亜希)
Youtube動画検索(東原亜希)



※ニコニコ動画は画面内ボタンでコメントを消すことができます


Wikipedia(東原亜希)
amazon.co.jp(東原亜希)
Google(東原亜希)
サイト内関連記事(東原亜希)


東原亜希






● 2006年 CAとお呼びっ! (日本テレビ) - 雪野香織 役


花津ハナヨ原作による人気コミックを、観月ありさ主演でTVドラマ化したラブコメディの4枚組BOX。恋も仕事も崖っぷちのCA(キャビンアテンダント)・山田紗依が、出会いやトラブルを通じて成長していく姿を描く。


● 2006年 アテンションプリーズ (フジテレビ)第1話 - ツカサ(演・高岡蒼甫)の彼女 役


亡き兄との約束を果たすためにスチュワーデスになる事を夢見る女と、彼女と同じ訓練生たちの物語を描いたTVドラマ。紀比呂子、范文雀、高橋厚子ほか出演。全32話を収録した4枚組のDVD。


● 2006年 小早川伸木の恋 (フジテレビ) - 看護師・奈緒美 役


さまざまな悩みを抱える現代社会の男女を描いた柴門ふみ原作ドラマの6枚組BOX。大学病院に勤務する外科医・純ヱ$L木が、職場での人間関係や嫉妬深い妻などに悩まされながら、秘められた過去を持つ女性・カナに惹かれていく。全11話を収録する。








● 2006年 チェンジ!(マニュスクリプト)旭正嗣監督
● 2006年 怨喰(東映ビデオ)


健康食品会社の部長・宇田良介は妻と娘の家族3人で幸せな生活を送っていた。しかし、ある出来事によって忌まわしい過去の記憶が蘇る。そして良介のパソコンに恐怖のメールが届くが、それはこれから始まる恐怖の序章に過ぎなかった…。監督・加藤文明、主演・風間トオルによるホラー作品。






● 「東原亜紀」や「東原亜季」などと誤記されることが多い。姓の「東原」を「ひがしはら」ではなく「ひがしばら」と誤読されることが多いため、自身のブログタイトルを「ひがしはらですが?」と付け、副題として「ひがしばらではありません」とわざわざ注釈をつけている。
● 一家揃って『名探偵コナン』のファン。「漫画一家」でもある。
● 視力回復のため2008年2月にレーシックの手術を受けた[
● 東国原英夫が宮崎県知事に就任して以降は、「ひがしこくばる」と間違われたり、「ひがしばる」などと読み間違えられることがあり、自分の名前を変えたいと公言している
● 仲の良い芸能人は同じ事務所の若槻千夏、番組で共演回数が多い安田美沙子、格闘技ファンつながりの臼田あさ美など。SRSビジュアルクイーンの先輩であり、K-1実況で共に仕事をした藤原紀香とはプライベートでの付き合いも長く、トーク番組などで紀香のエピソードをよく語っている。千秋やほしのあきもよくブログに登場する。杉浦太陽とは東原の兄も含めて交流があり、ブログにも登場する。同じ横須賀出身の小泉孝太郎、上地雄輔とは幼なじみである。
● 2004年11月に、井上康生との交際が報じられた。二人の出会いは2003年、『SRS』の世界柔道特集でのインタビューであり、東原の一目惚れから交際がスタート。結婚願望が強く「28歳までには結婚したい」「将来は主婦タレントとして活動したい」[8]などと語っていたが、2008年1月15日午前、25歳で井上康生と結婚。
● 2009年2月から井上の留学先であるスコットランドに滞在。公式ブログでは現地の気候や食べ物に対する愚痴・不満がよく書かれ、英語にもかなり苦戦している。
● 初めて買ったCDは観月ありさの曲。観月とは2006年、日本テレビの連続ドラマ『CAとお呼びっ!』で初共演を果たし大変感激したとのこと。
● 「公衆トイレでは、常に空気イス」や「電車の吊革にさわれない」など極度の潔癖症で通っていた[要出典]が、『ライオンのごきげんよう』で「シーツは半年に一度しか替えない、バスタオルは3日に一度しか替えない」ということをカミングアウト。また、「一年中こたつを出したまま」「世間体を物凄く気にする」などのエピソードを披露した。
● お笑い好きと公言しており、『M-1グランプリ』のDVDは全巻所有し、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や『リチャードホール』、『人志松本のすべらない話』のファンでもある。最もお気に入りの芸人はケンドーコバヤシ。自身のブログで公言し、バラエティ番組で共演した際、必ず「ファンです」、「かっこいい」と好意を伝え、ケンドーコバヤシが司会の『Shibuya Deep A』にゲスト出演した際には「好きすぎて仕事にならない」と語った。

● 「東原が本命予想で取り上げた馬は、たとえ1番人気馬であってもことごとく負けてしまう」という本人にとっては不名誉なジンクスがある。2007年春シーズンは21連敗を喫しており、さらに本命に挙げた馬が3頭骨折している。「本命キラー」と呼ばれ、東原が番組内で使用する予想フリップや競馬ノートは『DEATH NOTE(デスノート)』と揶揄される(後述)。
● 日本ダービー特集の放送でVTR取材に応じた騎手の武幸四郎は、その前のヴィクトリアマイルで1番人気だったカワカミプリンセスが敗北したことを引き合いに出して「亜希ちゃんが本命にしたから負けた」と発言し、それを見て怒った東原は日本ダービー予想の中に武幸四郎が騎乗するヒラボクロイヤルを急遽予想フリップに追加。この様子を番組マスコットの「うまなでさん」は「DEATH NOTEに書かれた」と表現し、「東原予想=DEATH NOTE」として広まる。結果は本命のフサイチホウオーともども敗北したことから、関係者の間でも話題となり、後に宝塚記念特集の放送では、武豊が「(自身の騎乗馬の)ポップロックには本命を打たないで欲しい」と発言。
● 宝塚記念まで20連敗を喫し、新聞のテレビ番組表には見出しに「東原20連敗」と掲載された。


東原亜希







● 2012年 DVD付き 東原亜希の骨盤やせ美脚ダイエット(セブン&アイ出版)


東原亜希さんの美脚&くびれボディを作った、 骨盤ケアによるダイエット法を、誌面とDVDでたっぷり紹介します。


● 2011年 東原亜希のStyle Book(ワニブックス)


真似したい東原スタイル。初の私服スナップ130!1ヶ月着回しダイアリー。産前産後の骨盤ケア、ヘア&メイクのリアルHow to、キッズファッション、インテリアグッズ、ロングエッセイまで。


● 2011年 東原亜希のHAPPY BOX(KKベストセラーズ)


タレントとして活躍する一方で、柔道家・井上康生氏を支えるアスリートの妻である東原亜希。そんな彼女の日々の生活を綴ったヴィジュアルエッセイ本がついに発売! 約一年半暮したイギリスのことや妊娠~出産秘話、そしておしゃれ&美容情報まで、読み応えあり。ハッピーの秘密解禁!


● 2008年 東原亜希のハートフルウエディング(ワニブックス)※結婚披露宴の引出物として出された。


ブログなどで大人気の東原亜希の、ウェディングダンドリ・パーフェクトガイド!「情報は一冊のお気に入りノートに」「披露宴会場はバルーンで飾りつけ」など参考になることがいっぱい。他にも式場や引き出物~式前の食事や美容法まで、こだわりのセレクションをオールカラーで紹介。色々な人への感謝の気持ちが詰まった、等身大であたたかな一冊。新郎の井上康生さんとのエピソードを綴った感動的なエッセイも収録。


● 2008年 ひがしはらですが?(ワニブックス)ブログ本


『K-1 WORLD GP』『うまなで』『今田ハウジング』等の番組でマルチに活躍し、先日柔道選手・井上康生氏と結婚を発表した東原亜希。'07年の2月末からはじめた彼女のブログをまとめた、いわゆる〔タレントブログ本〕です。……が、しかし!! テレビでは優等生的なキャラの彼女ですが、ブログは駄洒落連発・本音炸裂のどうかしてる内容。加えて元JJモデルならでは、女性必見のファッション・コスメ・グルメ情報に、「ここまで書くの!?」級の書き下ろしエッセイ多数収録。ブログ本・タレント本のワクを超えた、東原亜希の全てを詰め過ぎな究極の1冊!!



● 2007年 easy to easy (ワニブックス)


『SRS』で注目され、現在『うまなで』『ラジかるッ』『今田ハウジング』等に出演。女性誌レギュラーモデルの経験もありちょい高めなイメージの亜希嬢ですが、実はグラビア即戦力な超ナイス
バディーの持ち主。そんな彼女が出し惜しみしていた水着姿を解禁!・・・・・・した勢いで水着以上まで!?レア度でいけばここ数年No.1!本来見れなかったはずのハチ切れそうな素肌がたっぷり堪能できる1冊です。







● 2007年 鳥人間コンテスト 2007 全機録 (ジェネオンエンタテインメント)
● 2007年 HIGASHIHARA IN HAWAII(ワニブックス)


フジテレビ系競馬情報バラエティ「うまなで」のメインパーソナリティーを務めるグラビアアイドル・東原亜希ちゃんのイメージ。元JJモデルの彼女はプロポーションも抜群!にこやかな笑顔を振り撒きながら、ポップなお色気ポーズを連発する。


● 2006年 廣戸聡一のReashストレッチ 〜締まる くびれる 細くなる! 女度UPストレッチ〜
● 2006年 隣之怪


「怪談新耳袋」シリーズの木原浩勝監修、東原亜希主演で贈る新感覚ホラーの第2弾。何らかの事情で買い手の付かない物件を、不動産屋が入居者に金を支払うことで契約を成立させる「キャッシュバック物件」に越して来た家族を、次々と怪事件が襲う。


● 2005年 東原亜希 Daring(ラインコミュニケーションズ)



● 2004年 AKI SUNFLOWER(ポニーキャニオン)
● 2004年 SRS格闘ビジュアルクィーン 東原亜希








キーワードに 東原亜希 デスブログ をコピペ、↓の専用検索エンジンで検索してください。






東原亜希





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。