スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[感想]熱海の捜査官







● 朝靄(あさもや)の中を走るバス。

すれ違う車もない。

どうやら山の中。

靄の先に続く細い道。

《永遠(とわ)の森学園》

スクールバス?

バスの中には女子高生が数人、何事か騒いでいます。

《やっぱ サルなんじゃない?》

《ああ サルか… サルはイヤだよね》

《だしょ 目がバツになってるよ》

(サル!?いったい何)


《カバとかは?》

《カバなんか あきらめつくでしょ。》

(なんだ、なんだ)


《新宮寺さんはどう思います?》

《なんの話?》

《だから 朝 寮の玄関出て、なんの動物が死んでたら イヤかって話》

(説明的だ、あまりに説明的だ)

 …

反対車線に倒れている男。

ブレーキを踏む運転手、動物ではなく人が死んでいる?

(このつなぎ方は上手い)

駆け寄り、男を抱き上げる運転手。

《大丈夫ですか?》

それと同時に手に付いた血に気が付く。

女子高生達はバスの後ろの窓からこちらを見ている。ひとりだけ運転席の方に歩いてる?

男は老人、目は虚。

《わしは死んだのか?》。

《生きてますよ、ここは危ないですから…》

老人を道の脇に引きずる運転手。

そして気付いた。

バスが動き出していることに。

バスの後ろ、少女たちはこちらを向いて何か叫んでいる…。

これが物語の発端。女子高生失踪事件です。









● 今シーズン、1番期待のドラマ。

トリック、ツーハンマン、スカイハイ、霊感バスガイド事件簿、雨と夢のあとに、時効警察…。

なぜか見てしまう、週末23時過ぎのテレ朝ドラマ。

気楽に見れるドラマはニーズのひとつ。

映画で言うところのB級か。

現在、第三話まで放送済み。


時効警察のスタッフが集合というのが売り。

主役のオダギリジョー、脚本・監督の三木聡。

(もっとも面白かったのは第一話と最終話のみだったけど)










他のキャストも時効警察のメンバーが。


霧山修一朗(時効管理課巡査部長)← オダギリジョー → 星崎剣三(広域捜査官)

又来(時効管理課警部補) ← ふせえり → 桂東光子(熱海警察署婦警)

熊本(時効管理課課長) ← 岩松了 → 相模徳三郎(旅館「熱海南海荘」の主人)

十文字疾風(豊原功補)も、第2話の頭に、ちょっと出てきたような気がしたが…。



そして、ヒロインは麻生久美子から、栗山千明に。

少なくとも一話めは面白いに違いないと思ったのですが…。

これが微妙でした。









● 物語の本題は事件から3年後から。

熱海にやってきた広域捜査官、星崎剣三と北島紗英 。

アメリカのFBIのような組織という設定。

Xファイル!? 

超自然現象を探るはぐれ刑事?

それはそれで面白そう。

でもそうではなし。

だいたい、ふたりの掛け合いが作品の1番の味になると思うのですが、単独行動が多くいっしょにいること自体が少ない。

(;^_^A

二人とも人気者だからなぁ。

スケジュールが合わないのか?


それに、いまひとつキャラが立ってないような。

当然共感も反感も持てない。

それを狙ってやってる節もあります。

個人的には栗山千明の今までとは違うキャラ、新しい魅力を期待したのに残念。

GOGO夕張ぐらいに驚かせてほしかったなぁ。

久しぶりに松重豊に会った栗山千明が心配は心配ですが。








● 毎回違う事件が起きて、ゲストが重要な役割を持つ。

縦糸に主人公のキャラの大きな事件があって、最後にそれが解決される。

そういった最近の刑事ドラマの王道とは違うみたい。

伊藤奈々子(小島聖(レストラン「ボリューム」ウエイトレス))のように、ちょい役のようで実は重要、と思わせる登場人物がたくさん。

脇道にそれたような感じで登場、実は核心に迫っているように見せます。

見たことはないけどツインピークスって、こんな感じなのかなぁ。









● 小ネタに失敗してる感あり。

初めにYES/NOランプというのが出てきます。

これは時効警察の《 誰にも言いませんよカード 》の位置付けかと思ったら、あまり使われることなし。

明らかに失敗では。

ほかの小ネタもつまりません。


一話の最後、三年間行方不明だったバスが海から引き上げられます。

実際にバスを引き上げてるところを写してますが、撮影にとてもお金と、手間がかかったと思います。

でもこれも外した感が。

すごいことが起きたなぁ~という終わり方で、次回に続けたかったのでしょうが、ふ~んという感じでした。


伊武雅刀のナレーションも、どっち(ギャグ調、ミステリィ調)をやったらいいのか迷った感あり。

スタッフがはっきりしないので、じゃぁ俺はこうやるぜ、と割り切ったと思われます。


とりあえず見つづけるとするか。

大きく化けることはなさそうだけど、続きが気になるし。

どんどん謎が深まって、つじつまが合わなくなって、訳の解らない終わり方をするのに期待です。

(^^)










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。