スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★[感想]アルクメデス

少しづつ、更新を再開していきます。

(^。^)/






●7月。番組改変のスペシャル番組のラッシュも一段落。

ドラマにバラエティ、帯番組がスタートし始めました。

今シーズンの気になる番組は…。

1つめはNHK深夜枠、アルクメデス。

サラリーマンNEOより肩肘が張らない、お笑い系クイズ番組です。

すでにお試し放送が何回かあったような…、見たことのあるフォーマット。

《 名将の采配 》も0時台から、23時台に格上げ。

ウケると確認してからレギュラー化するNHK。

組織力の良い面が出ています、やるなぁ。










●番組の案内人はアルクメデス。

モジャモジャ頭にモジャモジャ髭、そして古代ギリシャの服ヒマティオン。

数学者アルキメデス風ですが、大きな違いがひとつ。

それは目。眼鏡に小型テレビが2つ。そこにサイケな眼(まなこ)が写っていて、なんともサイバー。

アルクメデスは《 歩く目です 》。

ただのシャレで特に深い意味は無いようですが。



番組にはいオムニバス形式。

突然次の話が始まります。

ドラマ仕掛けの真面目なクイズあり、手前味噌や民間の番組パロディあり。何が出てくるのかを楽しむのも、この番組の味わい方か。


レギュラー番組として、すでに2回放送されてます。

こんな感じでした。



7月15日(木曜深夜)

 φ オープニングクイズ
 φ アルクメデスの大予言、
 φ NHKサスペンス劇場~パン屋さん探偵 焼きたて多美子
 φ ほうれんそうゲーム
 φ 三大テノールリサイタル
 φ あたしまにあやな
 φ ベストヒットUSO
 φ 超間違い探し

7月22日(木曜深夜)

 φ オープニングクイズ
 φ アルクメデスの大予言、
 φ キューサンヌーボ
 φ ほうれんそうゲーム
 φ 三大テノールリサイタル
 φ 彼女が仕事着に着替えたら
 φ あたしまにあやな
 φ ベストヒットUSO
 φ 超間違い探し



あまり面白くない《 ほうれんそうゲーム 》(野菜達が連想ゲームをする)や《 ベストヒットUSO 》(野林辰也プレゼンツ、洋楽ネタ)がレギュラーっぽいのが残念。

見続けると良さがわかるかな~。

ここでは面白かったものを紹介すると。




●アルクメデスの大予言(7月15日)

ノルウェーのゲイランゲルという村で発見された古い書物。

そこに書かれていたのは、驚くべき正確さで現代人の営みを予知した4行詩。

その内容は…。

  落ちゆくものを 鉄の小部屋が分かち

  鋭き剣が その身をかすめる

  回せ さらば固まらん

  舟に乗り 海からの祝福を浴びよ

詩の朗読のバックには、鉄格子から漏れ入る夕日。

中世の騎士たちは馬上で剣を交わし、小船で大海原へと旅立つ賢人の姿が…。



正解(Anser)は…って、これは問題だったのか!Σ( ̄□ ̄;


答えは《 タコ焼き 》


タコ焼き鉄板(鉄の小部屋)に落ちたタコ汁は

ピックで突かれ、ひっくり返り

段々と固まり、焼き上がっていきます。

最後は舟皿に乗って、お持ち帰り。



なるほど。

このギャップを楽しむクイズな訳ね。

当てるのはかなり難しそう。

ιι(+_+)




●あたしまにあやな(7月15日)

 始まった時、あっと叫びました。

これなんだっけ!?


濱田まり? 本人だ!!

そうこれは、あしたまにあ~な。

懐かしいと思ったらタイトル。

でもそこには《 あたしまにあやな(私マニアやな) 》の文字が。

(^O^)


このパロディがうまい!音楽とか、カット割りが同じなんてレベルじゃない。

濱田まりのセンテンスの切り方、並べ方。

間の取り方までそっくり。(ってまぁ本人がやってるから当然ですが)


でも、話している内容は、明日(7月16日)に起きた過去の事件。

それをクイズ形式で説明します。でも、まさに《 あしたま 》。

あの雰囲気がそのまま蘇っている~!テレ朝にも出来なそうなことを、なぜNHKにできる!?

明日の予定は決まったかな?あたまに。



●キューサンヌーボ(7月22日)

これはグータンのパロディのもよう。

私はグータンを見たことが無いのですが、すぐにそれとわかりました。

このパロディもかなり完成度が高かそう。


女性ゲストがなだらかな坂道を上って来るときのカメラアングル。

久しぶり~と手を振り合い、交わす挨拶とそのリアクション。

会話の脈絡のなさ、思わぬ方向の意気投合。

選ばれるレストラン。

グータンルールに正確に則(のっと)っていると思います。

いつも見てた人は、なおさらそう感じるでしょう。


近い過去により親しみを感じる。

世の中の流れが早過ぎるからかな。



●超間違い探し

最後はクイズ番組の定番、間違い探しゲーム。

2種類の動画の違いを見つけるというやつです。

でもここのは一味違いました。

なにが違うって、間違いの数。

たかが数秒の7月15日は192個(いくつ)、7月22日は730個。(次回放送日は7/30) 。

完全に当てられることを拒否しています。

一応、192は《 いくつ 》。730個は次回の放送日《 7月30日 》と意味があるようですが。

コンピュータがなきゃ作れないクイズだなぁ。




三代目明智小五郎の件があるので、むやみに番組を褒めるのは危険。

まだ、お勧めとまではいきません。

でも1回は見ても損はないです。

















関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。